コースの特徴

【京都競馬場 芝3200m】
天皇賞(春)コース

天皇賞(春)でしか使われない特殊なコース。向正面の中間点よりやや第2コーナー寄りからスタートし、外回りコースを1周半する。
スタートして第3コーナーまでは約400m。第3コーナーを頂上とする坂を上って下り、スタンド前の直線で歓声を受ける。
2度目の第3コーナーへ向かうところで高低差4.3mの坂を再び上り、第4コーナーにかけてる。最後の直線は平坦404mとなっている。

いわゆる「淀の坂」を2度駆け上がるため、スタミナと持久力、折り合う精神力が要求される。近年は高速馬場に対応できる瞬発力とスピードも強く求められている。また長距離戦ということでペース配分や仕掛けのタイミングが重要であり、騎手同士の駆け引きも結果を大きく左右するので、騎手の技量も試されるレースである。

【有利な脚質と枠順】
普通は前半から中盤はゆったり進む。各馬は折り合いを第一に考え、スタミナを温存させる。道中13秒台のラップはいくつか入る。ただし、折り合いをつけながらもポジション取りは大事。あまり後方にいては厳しくなる。隊列が縦長になることもあるが、好位で自在に動ける体勢を作りたい。そして、ラスト800m付近からレースが動き出す。残り800m~200mまでは11秒台のラップが続き、場合によってはラスト1ハロンも11秒台になる。ロングスパートに対応しつつ、なおかつ速い上がりが必要。瞬発力も問われる。枠順はできれば中から内の枠がほしい。多頭数の外枠は避けたい。

【種牡馬成績】
はデータが少ないが、オペラハウス、チーフベアハート、サッカーボーイ、ジャングルポケットらが勝ち馬を輩出。傾向は菊花賞とさほど変わらない。

【クラス別水準ラップ(3F-8F-3F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(─)
3歳以上500万(─)
3歳以上1000万(─)
3歳以上準OP・OP特別(─)
3歳以上重賞(36.8-86.2-36.9-34.9=3.14.8)

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2013/02/05