産経大阪杯

産経大阪杯(さんけいおおさかはい)とは
は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝2000mで施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。

本競走は1956年に施行された阪神特別を前身とし、1957年に5歳(現4歳)以上のハンデキャップの重賞競走「大阪杯」として創設、阪神競馬場の芝1800mで施行され、天皇賞(春)及び1960年からは宝塚記念へと繋がる競走として位置付けされた。

1964年からは産経新聞社から優勝杯を提供されたのを機に、サンケイ大阪杯に名称を変更、1972年からは現在の芝2000mに変更し、1973年からは負担重量を別定に変更した。1981年からは施行時期が3月末・4月初頭に変更となり、天皇賞(春)の前哨戦の1競走として施行されるようになった。

1984年からGIIに格付け、更に混合競走に指定され外国産馬が出走可能となり、1989年からは現在の「産経大阪杯」に名称を変更、1995年からは指定交流競走に指定され地方所属の競走馬も2頭まで出走可能になり、2着までに入賞した地方競走馬には天皇賞(春)の出走権が与えられるようになった。2003年からは国際競走に指定、2004年からは国際セリ名簿基準委員会(ICSC)に国際グレードのGIIに格付けされた。

阪神大賞典や日経賞と並ぶ天皇賞(春)の重要な前哨戦に位置付けられているが、施行距離が芝2000mということもあり、安田記念(芝1600m)や宝塚記念(芝2200m)を目指す中距離を得意とする有力馬も出走してくる。
近年はGIタイトルを獲得する馬が多く出走する傾向が強くなってきているため、GIレースを凌ぐメンバーがそろうことが増えてきている。

産経大阪杯
■ 開催地 阪神競馬場
■ 格付け GII
■ 距離 芝2000m
■ 賞金内訳 1着:6,400万円、2着:2,600万円、3着:1,600万円、4着:960万円
5着賞金:640万円
■ 出走資格 サラブラッド系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)
■ 負担重量 負担重量は56kg、牝馬2kg減を基本とし、更に以下の条件で斤量が課せられる。ただし2歳時の成績を除く。
・施行日当日から過去1年以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は2kg増
・施行日当日から過去1年以降の牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増
・施行日前日から過去1年以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬は1kg増

大阪杯からの天皇賞(春) 優勝馬

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/08/15