2012年 日経賞 レース後のコメント

      2012/07/07

中山11Rの日経賞(4歳以上GII・芝2500m)は、12番人気ネコパンチ(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分37秒4。3馬身半差の2着に2番人気ウインバリアシオンが、クビ差の3着に1番人気ルーラーシップがそれぞれ入線。

ネコパンチは美浦・星野忍厩舎の6歳牡馬で、父ニューイングランド、母パシェンテ(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は47戦5勝となった。

2012年 日経賞 レース後のコメント

1着 ネコパンチ 江田照男騎手
「思い切って行ってくれという指示でしたので、そういうレースをしました。勝因はこの馬にラッキーな馬場だったことでしょう。いい流れでレースを進めて、 急にバテるような馬ではないので、早めに動いて行きましたが、4コーナーを回ってターフビジョンを見たらまだ後ろの馬と差があって、手応えが残っていまし たので勝てるんじゃないかと思いました。これからもがんばって欲しい馬です」

2着 ウインバリアシオン 武豊騎手
「前半は馬がまったく行く気を見せませんでした。馬がレースを知っている感じですね。折り合っていいレースをしてくれて、強い馬は負かしたのですが、逃げた馬には届きませんでした」

3着 ルーラーシップ 福永祐一騎手
「今日は仕方ないですね。好スタートからいいポジションで折り合って、上手にレースができていました。早めにつかまえに行ったのですが、下が緩い分、いつ もの伸びがなかったですね。最内が一番走りやすい馬場なのはわかっていましたが、外枠でしたからね。ウインバリアシオンに負けたのは早めに前を負かしに 行った分です。同じ道悪でもここまで悪いとこの馬には苦しいですね」

7着 ケイアイドウソジン 三浦皇成騎手
「2番手からになりましたが、最後まで諦めずに走っていました。力をつけています」

8着 フェイトフルウォー 柴田善臣騎手
「こういう馬場はダメですね」

9着 マイネルキッツ 松岡正海騎手
「まだ疲れが抜け切っていないのか、反応がよくなかったですね。こういう馬場は合っているはずなのですが……」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 天皇賞(春), 日経賞 , , ,