2012年 産経大阪杯 レース後のコメント

      2012/07/07

阪神11Rの産経大阪杯(4歳以上GII・芝2000m)は、6番人気ショウナンマイティ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒5。1馬身1/4差の2着に1番人気フェデラリストが、クビ差の3着に2番人気トーセンジョーダンがそれぞれ入線。

ショウナンマイティは栗東・梅田智之厩舎の4歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母ラグジャリー(母の父Storm Cat)。通算成績は12戦4勝となった。

2012年 産経大阪杯 レース後のコメント

1着 ショウナンマイティ 浜中俊騎手
「3歳時にこの馬をクラシックに導くことができず、心の中に引っかかりがありました。今回久しぶりに手綱を取りましたが、馬の力を信じて乗りました。結果 を出すことができて嬉しいです。スローペースでしたが、この馬の持ち味である瞬発力を出すことを第一に考えました。直線のゴーサインに応える形でよく伸び てくれましたね。これだけのメンバー相手に十分通用する資質を持っていることが証明できました。これからますます頑張って欲しいですね」

2着 フェデラリスト 田中剛調教師
「この馬の勝ちパターンでしたが、馬場の内と外の差が出てしまったかもしれません。でも、今日のレースぶりは立派です。騎手からも乗りやすい馬との評価をもらいました。いい内容のレースだったと思います。このあとに関しては現時点では未定です」

3着 トーセンジョーダン 岩田康誠騎手
「休み明けの分、少しズブいところがありました。ただ、力のあるところは見せてくれたと思います」

4着 ローズキングダム 後藤浩輝騎手
「休み明けで、馬は前走よりよくなっていましたね。ただ、この馬としては良馬場が合っています。とにかくこのレースで、この馬がまだまだ終わっていないことを見せることができました」

5着 ナカヤマナイト 柴田善臣騎手
「だいぶこなせるようになってはいますが、やはり馬場がいい方が向いていますね。馬場が悪かった分、力んでしまいました。ただ、これからもっとよくなってくると思います」

7着 コスモファントム 大野拓弥騎手
「道中はスムーズに運べましたし、直線も反応していましたが、今日は相手が強かったですね。前回の負け方が不可解だったのですが、やはり回りの問題だったのかもしれません」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 天皇賞(春), 産経大阪杯 , ,